津田先生

EE/Mother Tongue Class: (IB HA1, IB HA2, IBHB)
21 century skills + i skill:
1.Core subjects (standards 1.1, 1.2, 1.3, 2.1, 2.2, 3.1,3.2, 4.1, 4.2, 5.1. 5.2)
2.creative and inovation, collaboration
3.Information, Media & ICT
4.adaptability, social cultural, self direction, productivity, leadership
Web: google doc, Voice thread, Quizlet, Ustream, Kidblog
Unit Content: Extended Essay
Essential Question:卒業評論の高校時代の記念碑的業績の報告(2012年1月)
1。仮題:日本の近代化の医療分野別の進歩のパターンの分析(HB)
2。仮題:原子力発電の進化と停滞の50年間  (HA2)
3。仮題:プロセス中  (HA1)

http://kidblog.org/MrTsudaClass/(公開中)
http://ibo.org/


1. HBのケース

Unit Content/Enduring Understandings
Extended Essay:卒業評論を書くことで、12年間の学習体系を自分の記念碑的なものとして書き上げる。

Essential Questions
日本の近代化の医療分野別の進歩のパターンの分析

Indications/ content

クラスでプレゼンテーションの型に沿った発表を行う(明確さの定義を行う、エピソー  
ド・例示・統計・類似を用いて主となる意見をサポートする、ヴィジュアル・エイドを使う)(CK. Language Arts, 8. Level IV
グループ討論やプレゼンテーションを通して、自分自身やクラスメートの使用した効果を評価する(例:正確さ・妥当性・情報の分類法を評価する、展開方法の明確さを評価する、目的・読み手の種類・内容との関連を評価する、使われた論点を見極める)(CK. Language Arts, 8. Level IV
多様な発表のテクニックを使う(例:声の調子・テンポ・ジェスチャーなど)(CK. Language Arts, 8. Level IV
関心のある日本の社会問題について、統計、インターネット・図表・ビデオ・文書などの多様な資料から情報を集め、交換する(例:塾・アルバイト・ポップ歌手)(NS. Japanese Language Learning. 1.1. Grade12)
日本の社会問題や他の学科で学んだ事項について口頭や文章で討議をする(例:高齢化社会・第二次世界大戦)(NS. Japanese Language Learning. 1.1. Grade12, Grade 16)
歴史上の出来事や現代の社会問題について、クラスメートや日本語の話者と討議をし、傍証をあげて自分の意見を述べる(例:いじめ・雇用機会均等法・明治維新)(NS. Japanese Language Learning. 1.1. Grade 16)
グループワークを通して在住国や日本の社会問題への解決策を見出す(例:外国人労働者、環境問題)(NS. Japanese Language Learning. 1.1. Grade 16)
日本の文学、音楽、映画などの多様なメディアに描かれた内容について感想を述べ合い理解を深める(NS. Japanese Language Learning. 1.1. Grade12)
日本文学や日本語で書かれた論文に対する意見交換をクラスメートや日本語コミュニティーの人々と行う(註:家族でも良い)(NS. Japanese Language Learning. 1.1. Grade 16)
現在の問題や過去の出来事について日本語で行われた討論会・講演・プレゼンテーションの実演やその録音を聞いて内容を把握する(NS. Japanese Language Learning. 1.2. Grade 16)
学校や校内行事の紹介、自分自身が関心をもっている事柄などについてビデオを制作し、発表する(NS. Japanese Language Learning, Communication. G8
日本の社会について関心のあるテーマを選び、簡単なアンケート調査やインタビュー、インターネット、ビデオ、本などを使って情報を集め、その結果をクラスで交換する(NS. Japanese Language Learning, Communication. G12
日本で人気のあるテレビドラマ、アニメなどを見て、その内容を簡単にまとめ、発表する(NS. Japanese Language Learning, Communication. G12
言語による伝達の効果を理解する(例:政治的信条の表明・社会改革の力・文化の伝播)(CK. Language Arts, 8. Level IV

Skills/Can-Do Statements
1. 関心のある日本の社会問題について、統計、インターネット・図表・ビデオ・文書などの多様な資料から情報を集め、交換することができる。(NS. Japanese Language Learning. 1.1. Grade12)
2. 日本の社会について関心のあるテーマを選び、簡単なアンケート調査やインタビュー、インターネット、ビデオ、本などを使って情報を集め、その結果をクラスで交換する(NS. Japanese Language Learning, Communication. G12
3. 日本の社会問題や他の学科で学んだ事項について口頭や文章で討議をすることができる。(NS. Japanese Language Learning. 1.1. Grade12, Grade 16)
4. 歴史上の出来事や現代の社会問題について、クラスメートや日本語の話者と討議をし、傍証をあげて自分の意見を述べることができる。(NS. Japanese Language Learning. 1.1. Grade 16)
Association Table
21st Century Skills
Activities
Web Tools/Apps
1.Core Subjects
(National Standards)
1.1,1.2.1.3
2.1.2.2, 3.1
3.2,4.1,4.2,
5.1, 5.2
Quizlet, Kanji apps
2. Learning & Innovation Skills


Creativity & Innovation

google docs
pod casting
Critical Thinking & Problem Solving

Web Spiration
(graphic organizer)
Time line tools
Communication & Collaboration

Kidblog, Ustream
drop box
3. IMT Skills


Information Literacy

drop box
Media Literacy

i movie, garageband
ICT Literacy

use digital techs
Life and Career Skills


Flexibility & Adaptability

voicethread
i movie
Iniative & Self-direction

Google docs
kid blog
Social and Cross-Cultural Skills

Google docs
SNS
Productivity and Accountability

Google docs
blog, animoto
Leadership and Responsibility

i movie


2。 HA2 のケース(2)

Unit Content/Enduring Understandings
Extended Essay:卒業評論を書くことで、12年間の学習体系を自分の記念碑的なものとして書き上げる。

Essential Questions
原子力発電の進化と停滞の50年間

Indications/ content

クラスでプレゼンテーションの型に沿った発表を行う(明確さの定義を行う、エピソー  
ド・例示・統計・類似を用いて主となる意見をサポートする、ヴィジュアル・エイドを使う)(CK. Language Arts, 8. Level IV
グループ討論やプレゼンテーションを通して、自分自身やクラスメートの使用した効果を評価する(例:正確さ・妥当性・情報の分類法を評価する、展開方法の明確さを評価する、目的・読み手の種類・内容との関連を評価する、使われた論点を見極める)(CK. Language Arts, 8. Level IV
多様な発表のテクニックを使う(例:声の調子・テンポ・ジェスチャーなど)(CK. Language Arts, 8. Level IV
関心のある日本の社会問題について、統計、インターネット・図表・ビデオ・文書などの多様な資料から情報を集め、交換する(例:塾・アルバイト・ポップ歌手)(NS. Japanese Language Learning. 1.1. Grade12)
日本の社会問題や他の学科で学んだ事項について口頭や文章で討議をする(例:高齢化社会・第二次世界大戦)(NS. Japanese Language Learning. 1.1. Grade12, Grade 16)
歴史上の出来事や現代の社会問題について、クラスメートや日本語の話者と討議をし、傍証をあげて自分の意見を述べる(例:いじめ・雇用機会均等法・明治維新)(NS. Japanese Language Learning. 1.1. Grade 16)
グループワークを通して在住国や日本の社会問題への解決策を見出す(例:外国人労働者、環境問題)(NS. Japanese Language Learning. 1.1. Grade 16)
日本の文学、音楽、映画などの多様なメディアに描かれた内容について感想を述べ合い理解を深める(NS. Japanese Language Learning. 1.1. Grade12)
日本文学や日本語で書かれた論文に対する意見交換をクラスメートや日本語コミュニティーの人々と行う(註:家族でも良い)(NS. Japanese Language Learning. 1.1. Grade 16)
現在の問題や過去の出来事について日本語で行われた討論会・講演・プレゼンテーションの実演やその録音を聞いて内容を把握する(NS. Japanese Language Learning. 1.2. Grade 16)
学校や校内行事の紹介、自分自身が関心をもっている事柄などについてビデオを制作し、発表する(NS. Japanese Language Learning, Communication. G8
日本の社会について関心のあるテーマを選び、簡単なアンケート調査やインタビュー、インターネット、ビデオ、本などを使って情報を集め、その結果をクラスで交換する(NS. Japanese Language Learning, Communication. G12
日本で人気のあるテレビドラマ、アニメなどを見て、その内容を簡単にまとめ、発表する(NS. Japanese Language Learning, Communication. G12
言語による伝達の効果を理解する(例:政治的信条の表明・社会改革の力・文化の伝播)(CK. Language Arts, 8. Level IV

Skills/Can-Do Statements
1. 関心のある日本の社会問題について、統計、インターネット・図表・ビデオ・文書などの多様な資料から情報を集め、交換することができる。(NS. Japanese Language Learning. 1.1. Grade12)
2. 日本の社会について関心のあるテーマを選び、簡単なアンケート調査やインタビュー、インターネット、ビデオ、本などを使って情報を集め、その結果をクラスで交換する(NS. Japanese Language Learning, Communication. G12
3. 日本の社会問題や他の学科で学んだ事項について口頭や文章で討議をすることができる。(NS. Japanese Language Learning. 1.1. Grade12, Grade 16)
4. 歴史上の出来事や現代の社会問題について、クラスメートや日本語の話者と討議をし、傍証をあげて自分の意見を述べることができる。(NS. Japanese Language Learning. 1.1. Grade 16)
Association Table
21st Century Skills
Activities
Web Tools/Apps
1.Core Subjects
(National Standards)
1.1,1.2.1.3
2.1.2.2, 3.1
3.2,4.1,4.2,
5.1, 5.2
Quizlet, Kanji apps
2. Learning & Innovation Skills


Creativity & Innovation

google docs
pod casting
Critical Thinking & Problem Solving

Web Spiration
(graphic organizer)
Time line tools
Communication & Collaboration

Kidblog, Ustream
drop box
3. IMT Skills


Information Literacy

drop box
Media Literacy

i movie, garageband
ICT Literacy

use digital techs
Life and Career Skills


Flexibility & Adaptability

voicethread
i movie
Iniative & Self-direction

Google docs
kid blog
Social and Cross-Cultural Skills

Google docs
SNS
Productivity and Accountability

Google docs
blog, animoto
Leadership and Responsibility

i movie

3。HA1 のケース(3)

Unit Content/Enduring Understandings
Extended Essay:卒業評論を書くことで、12年間の学習体系を自分の記念碑的なものとして書き上げる。

Essential Questions
文学的空間について読者と主人公と語り手と作者が何を行為できるか。

Indications/ content
多様な文学の形式とジャンルを知る(例:フィクション・ノンフィクション・神話・詩・伝記・自伝・サイエンスフィクション・超自然の物語・諧謔・パロディー・劇・米文学・英文学・世界の文学・古典・聖書)(CK. Language Arts, 6. Level IV
文学作品の種類に応じてさまざまな読みの手法を使う(例:フィクション・ノンフィクション・神話・詩・伝記・自伝・サイエンスフィクション・超自然の物語・諧謔・パロディー・劇・米文学・英文学・世界の文学・古典)CK. Language Arts, 6. Level IV
日本文学を読んで主要プロット・従属的なプロット・登場人物の描写と役割の重要性などを理解する(例:竹取物語・我輩は猫である・キッチン・サラダ記念日)(NS. Japanese Language Learning. 1.2. Grade 16)
筋の展開における多様な効果を分析する(例:時間の設定・原因と結果の関係・葛藤と解決)(CK. Language Arts, 6. Level IV
日本で親しまれてきた古典、芝居、詩などの一部を暗誦する(例:宮沢賢治「アメニモマケズ」)(NS. Japanese Language Learning, Communication. G12
文章に描かれた人物、情景、心情などを表現に即して読み味わう(指導要領・高等学校『総合国語』3.2.C.ウ)
作品の筋書きや登場人物についての概要をまとめ、口頭や文章で発表する(例:芥川龍之介の短編、星新一のショート・ショート、今昔物語)(NS. Japanese Language Learning, Communication. G12
多様な人物構成の作品で、主要人物と従属的人物との関連を見極め、両者の外的・内的葛藤を分析する(CK. Language Arts, 6. Level IV
共通するテーマによって多様な文学作品を関連付ける(例:異なる文化背景の文学に登場する普遍的なテーマ、アメリカ文学で重視されるテーマ)(註:日本文学で重視されるテーマ?)CK. Language Arts, 6. Level IV
多様な手法やテクニックが作品全体の質に与える効果を理解する(例:全体の調子や雰囲気・皮肉・視覚的な書き方・会話・シンボル・視点・文体)(CK. Language Arts, 6. Level IV
文学作品に及ぼす歴史・文化の影響を理解する(CK. Language Arts, 6. Level IV
テキストに描かれた人物・出来事・動機・葛藤の原因などと、生徒自身の生活を抽象的に関連付ける(CK. Language Arts, 6. Level IV

Skills/Can-Do Statements

Association Table
21st Century Skills
Activities
Web Tools/Apps
1.Core Subjects
(National Standards)


2. Learning & Innovation Skills


Creativity & Innovation


Critical Thinking & Problem Solving


Communication & Collaboration


3. IMT Skills


Information Literacy


Media Literacy


ICT Literacy


Life and Career Skills


Flexibility & Adaptability


Iniative & Self-direction


Social and Cross-Cultural Skills


Productivity and Accountability


Leadership and Responsibility



T3クラス: (IB HA1, IB HA2)21 century skills + i skill: 5月の上旬、2011年

1.Core subjects (standards 1.1, 1.2, 1.3, 2.1, 2.2, 3.1,3.2, 4.1, 4.2, 5.1. 5.2)
2.creative and inovation, collaboration
3.Information, Media & ICT
4.adaptability, social cultural, self direction, productivity, leadership
Web: google doc, kidblog, pod casting,
Unit Content:夏目漱石:こころと空間論
Essential Question:文学的空間について読者と主人公と語り手と作者が何を行為できるか。
http://kidblog.org/MrTsudaT3Class/ (期間限定公開中)
http://ibo.org/

Unit Content/Enduring Understandings
夏目漱石:こころと空間論

Essential Questions
文学的空間について読者と主人公と語り手と作者が何を行為できるか。

Content/Indications

Skills/Can-Do Statements

Association Table
21st Century Skills
Activities
Web Tools/Apps
1.Core Subjects
(National Standards)


2. Learning & Innovation Skills


Creativity & Innovation


Critical Thinking & Problem Solving


Communication & Collaboration


3. IMT Skills


Information Literacy


Media Literacy


ICT Literacy


Life and Career Skills


Flexibility & Adaptability


Iniative & Self-direction


Social and Cross-Cultural Skills


Productivity and Accountability


Leadership and Responsibility



T3クラス: (IB HA1, IB HA2)21 century skills + i skill: 5月下旬から9月、10月 2011年

1.Core subjects (standards 1.1, 1.2, 1.3, 2.1, 2.2, 3.1,3.2, 4.1, 4.2, 5.1. 5.2)
2.creative and inovation, collaboration
3.Information, Media & ICT
4.adaptability, social cultural, self direction, productivity, leadership
Web: google doc, kidblog, pod casting,
Unit Content:夏目漱石:こころと空間論
Essential Question:文学的空間について読者と主人公と語り手と作者が何を行為できるか。
http://kidblog.org/MrTsudaT3Class/ (期間限定公開中)
http://ibo.org/

Unit Content/Enduring Understandings
芥川の短編のテクスト論的分析

Essential Questions
文学的空間について読者と主人公と語り手と作者が何を行為できるか。

Content/Indications
芥川の短編のテクスト論的分析:メタファーとメトミニー論
芥川の短編のテクスト論的分析:コード変換論
芥川の短編のテクスト論的分析:コンテクストとコンタクト論
芥川の短編のテクスト論的分析:ディスクール論と談話分析論

Skills/Can-Do Statements

Association Table
21st Century Skills
Activities
Web Tools/Apps
1.Core Subjects
(National Standards)


2. Learning & Innovation Skills


Creativity & Innovation


Critical Thinking & Problem Solving


Communication & Collaboration


3. IMT Skills


Information Literacy


Media Literacy


ICT Literacy


Life and Career Skills


Flexibility & Adaptability


Iniative & Self-direction


Social and Cross-Cultural Skills


Productivity and Accountability


Leadership and Responsibility


T2クラス (T1 A2 & T2 A2) 5月、2011年

Web: google doc, kidblog, pod cating, quizlet, webspiration,
Unit Content: Expository Writing と 宮沢賢治:注文の多い料理店
Essential Question:文学的課題をExpository Writing(説明文)を使って説明できるか。
http://kidblog.org/MrTsudaT2Class/
http://www.kisetsu.org/ja/ginga/index.php (公開中)




M4クラス Mother Tongue (A & B) 5月 2011年

Web: google doc, kidblog, pod cating, quizlet, webspiration
Unit Content A: Writing と宮沢賢治:注文の多い料理店、および :芥川龍之介
Unit Content B: Writing と宮沢賢治:注文の多い料理店
Essential Question:文学とはなにか:物語と小説の違いなどを通じて5W1Hを意識意識しながら読む。
http://kidblog.org/MrTsudaM4Class/
http://www.kisetsu.org/ja/ginga/index.php (公開中)