2014-15 NECTJ Workshop Series : Technology Integration & Restructuring Education

デジタル教科書作成シリーズワークショップ第二弾となる2014-2015年度のテーマは、Technology IntegrationRestructuring Educationです。
このワークショップでは、以下のことを目的とします。
①テクノロジーの導入と、学校の役割・教授法・学習の概念と構造を再考する。
②テクノロジーを用いて、生徒が主導学習できるカリキュラム、教材を作成する。
③テクノロジーを用いた授業・教育を、(少しでも)実践する。

このワークショップに参加するにあたり、NECTJの会員になっていただく必要がございます。会員登録はAATJのウェブサイトで行えます。登録を進めていくと、local affiliateを選択する必要があるので、NECTJをお選びください。尚、他の教師会に所属の方でも参加していただけますので、nectjapanese@gmail.comまでご連絡ください。

第5回 ブレンド型学習のすゝめ

2015年6月13日 4時30分〜7時30分
前回は反転授業、ブレンド型学習を体験していただきながら、指導動画の作成、検索、加工に焦点を当てました。
最終回となる今回は、反転授業とブレンド型学習を実際にデザインしていただく、総括的な内容となります。
具体的には以下のことを行っていただきます:
①ブレンド型学習をデザインする
Schoologyを使って、恊働で一つの単元、または幾つかのレッスンをデザインする。
・反転授業から応用・発展的な授業活動を計画し、コンテンツやアセスメントを作成する。
・デザインしたユニットを共有し、考察する。

前回のワークショップに参加されていない方へ
前回のワークショップ時に用いた、ブレンド型学習と指導動画についてのオンラインコースを取っていただくと、より今回のワークショップが効果的になります。Schoologyのアカウントを作っていただいた後、mtanakaunis@gmail.comまでご連絡ください。オンラインコースのリンクと、アクセスコードをお伝え致します。
勿論、事前にオンラインコースを取らなくても、ご参加いただけます。初めての方も奮ってご参加ください。


反転授業についての動画 *画面右下のCCを押すと、日本語の字幕が表示されます。。
ブレンド学習についての動画


第4回 反転授業パート2

2015年4月25日
今回は前回行った反転授業パート2です。前回のパート1では、指導動画作成に重きを置きましたので、今回のパート2では、以下を行っていただきます:①反転授業・ブレンド型学習について理解を深める反転授業とブレンド型学習を体験して頂き、それらについて理解を深める。②指導動画の応用する指導動画をより効果的にするためのツールを使っていただきます。指導動画をお持ちじゃなくても大丈夫です。今回、初めて参加される方はこちらの動画ご覧ください。反転授業についてです。反転授業についての動画

Screen Shot 2015-06-01 at 7.58.11 PM.png

ワークショップレポート:
第4回目となるワークショップは、反転授業・ブレンド型学習の体験と指導動画作成のテクニック、またその応用に焦点を当てました。反転授業については動画をご覧頂き、前回のレポートに要点を書きましたのでご参照下さい。ブレンド型学習は、「オンライン学習」と「フェイス・トゥ・フェイス学習」のブレンドです。例えば、反転授業はブレンド型学習の一部です。つまり、オンライン学習として教師が作った指導動画を見ます。翌日授業では、フェイス・トゥ・フェイス学習として、その動画の内容を応用した教室活動を生徒が行います。オンライン学習といっても、指導動画を見るだけではなく、オンラインディスカッションやインタビュー、またオンラインツールを用いた創作活動など、色々あります。今回は、そのブレンド型学習をワークショップを通じ体験していただき、指導動画作成のテクニックと応用について学んで頂きました。

まず参加者の皆さんには、オンライン学習の基盤となるウェブツール、Schoologyのアカウントを作成していただきました。このオンライン学習のウェブツールのことをLearning Management System (LMS)と言います。詳しくはこちらをご覧下さい。要するに、指導にも使え、評価、共同作業、創作活動、インターアクションもできるウェブツールのことです。アカウントを作った後は、以下の手順で進めました:
①ワークショップの目標の確認
②既存知識・理解度の認識と確認
③ビデオの視聴
④オンラインディスカッション
⑤違うビデオの視聴
⑥フェイス・トゥ・フェイスのディスカッション
⑦創作活動:リソースを使って指導動画の作成
⑧自己評価
このワークショップが終わる頃には、参加者の皆さんはオンラインとフェイス・トゥ・フェイスの特徴や効果的な指導法等、色々な事を話し合い、議論されるようになっていました。実際にブレンド型学習を体験して頂いた事が何よりも良かったと感じました。次回は、LMSを用いて、実際にブレンド型学習をデザインして頂きます。今から楽しみです。

田中雅裕

第3回 反転授業パート1

2015年2月7日
キーワード
Blended Learning ブレンド型学習 Flipped Class反転授業
アイスブレーカーに使ったPadlet  JFLワークショップ JHLワークショプ



ワークショップレポート:
第3回目となるワークショップは、反転授業に焦点をあてました。反転授業の大事な要素は2つです:
①学習者が自宅で講義ビデオなどのオンライン教材、またはデジタル教材を使って学び、授業に先立って知識の習得を済ませる。
②教師は教室で講義を行わず、学習者が先立って学んだ知識の確認やディスカッション、問題解決学習などの共同学習により、学んだ知識を『使うことで学ぶ』活動を行う。

その反転授業のメリット、デメリットをアイスブレーカーを通じて認識するところから始めました。お互いを知るための2種類のアイスブレーカーを各グループで行ってもらいました。1つ目は、普通の自己紹介。名前、出身地、所属機関、指導学年、自分の好きな事や物を1分間で語ってもらいました。2つ目はグループを変えて行ったのですが、Padletを用いて前もってグループメンバーの自己紹介を読んでもらいました。自己紹介をもとに、そのメンバーに対する質問を考えてもらい、1分間質問タイムを行いました。この活動の狙いは、「お互いのことを知る」という目的ですが、2つ目の活動は、前もってメンバーのことを知っておくことで、より詳しい事を聞き出すことができるということです。反転授業では、この目的が大切になります。

その後、オンライン・デジタル教材に何が適しているかという話し合いを行い、今回の主活動である講義ビデオの作成に取りかかりました。色々なソフトで作成可能ですが、今回はCamtasiaを用いました。このソフトの利点は、作りやすさにあります。多機能なことも特徴的なのですが、パワーポイントだけで簡単に録画、編集ができるので、やはり作りやすさがポイントです。あまりの使いやすさに、後半のワークショップでは、参加者の皆さんは時間を忘れるぐらい熱中していらっしゃいました。実際に使っていただける教材ができたようで、嬉しい限りです。

田中雅裕

動画
The Flipped Learning Kit (Edutopia)
スティーブン・スピルバーグ財団が運営するICTを用いた教育の支援団体edutopia。多数の教員向けの動画を制作していますが、このプレイリストではFlipped Classroomの著者Jon Bergmann氏とAsron Sams氏を講師とし、Flipped Classroomをどのように始めるかを学ぶ事が出来ます。

どんぐり教員セミナー (Linked and Create)
Linked and Create代表、福島が丸々1年をかけて制作した、教員向けのPD動画200本!が視聴できるプレイリストです。

ウェブサイト
「小学生から大人まで自由に勉強できる無料のウェブサイト」eboard (日本語)
科目数と講義数が増えいってほしい限りです。関西弁の講義も魅力。

反転授業の研究ー思索と実践の記録
物理の予備校教師、田原真人氏が管理するウェブサイト
反転授業の概要(2013年1月7日)
反転授業の予習効率を上げる工夫〜無料アプリの利用(2013年10月6日)
米ローレンスアカデミー高校マーク先生にインタビュー (2014年5月1日)
反転授業を始めるにあたって実践的なヒントを学べます。

文献
反転授業 ICTによる教育改革の進展」茂田勝介 北海道大学情報基盤センター
反転授業に関するニュース(ICT教育ニュース)
「反転授業」先駆者アーロン・サムズさんが語るその効果と課題 (Huff Post)
「反転授業」とは何か?成績が大幅にアップとの報告も(Huff Post)
「ハーバード大学物理学の反転授業」東京大学 教育企画室 特任准教授 船守美穂(リクルート総学総研)


第2回 テクノロジーを使ったカリキュラム作成とその手法

2014年12月2月6日
キーワード
Understanding by Design (UbD) デザインによる理解  Backward Design バックワードデザイン



第1回 なぜ教育にテクノロジーを取り入れるのか -Technology Integrationについて-

2014年10月4日
キーワード
Technology Integration テクノロジー導入  Blended Learning ブレンド型学習  Student Ownership 生徒主導権
Personalized Learning 個別化学習  Mastery Based Learning 習得型学習  Relationship 関係
Understanding by Design (UbD) デザインによる理解  Backward Design バックワードデザイン
FullSizeRender (1).jpg

スライド①:Introduction of Workshop -What's happening in the world?-


スライド②:Introduction of Technology Integration


去年に引き続き第二弾となる、今年度のワークショップシリーズがいよいよ始まりました。去年の続きと言っても、同じことをする訳ではありません。それは、また新たなテクノロジーの波が、教育界に押し寄せて来ており、「デジタル教科書作成」というだけでは、この波に乗れないことが分かったからです。最近まで、テクノロジーの教育への導入は、既存の指導・学習教材の代用や、少し拡張した機能がどうなのかとういことが多く議論されていました。しかし近年、テクノロジーは生徒が未だかつて体験した事の無い様な学習ができるツールとして、認識をされ、使用され、成果をあげています。その成果は、言語教育という一部のものだけではなく、教育全体が見直さなければいけない、教育の体系を覆すパラダイムシフトと言っても過言ではなくなってきました。

テクノロジーの導入で、まず考えなければいけないことは、International Society of Technology in Education (ISTE イスティ)からOutstanding Young Educatorに選ばれたAdam Bellow氏の言葉に尽きます。それは、「テクノロジーは、自分の能力を最大限に高めてくれるものであり、生徒に何かを創らせるツールである。テクノロジーを使わずに、何かをできるのであれば、それで良し。しかし、テクノロジーを用いてより良いものができるのであれば、そこに使う理由がある。」つまり、紙の教科書をただスキャンをして、タブレットで読むだけでは意味が無いのです。もし授業で地図を使うのであれば、大きな紙の地図の方が俯瞰的に見れて、グループワークに向いているかもしれません。要は使い道と目的です。

そのテクノロジーの使用を考えるためにDr. Ruben Puenteduraは、4つのテクノロジー使用段階を定めました。それは、SAMR Model(サマー or セイマー・モデル)と呼ばれています。SAMRとは、Substitute(代用)、Augmentation(拡張)、Modification(修正)、Redefinition(再定義)の4つの頭文字を組み合わせたものです。最初の二つは、アナログの教材をデジタル化し、機能性を上げるだけのテクノロジーのことを指します。ModificationとRedefinitionは、今までアナログ教材や活動ではできなかったことを可能にするするテクノロジーのことを指します。前者二つはEnhancement(高機能)、後者二つはTransformation(変質)とグループ化されています。幾つものテクノロジーツールやアプリ、またそれらを用いたアクティビティー等を、このモデルを使って仕分けすることにより、より効果的なtechnology integrationが可能となりますので、知っておいて損はないコンセプトです。

上記の教育体系を覆す、テクノロジーと教育のパラダイムシフトの流れの中心にあるのがQuality Blended Learning (QBL)です。Blended Learningという言葉は、ここ数年、色々な所で聞かれるようになりました。Blended Learningの基本は、online learning、mobile learning、classroom learningを並行して行うことです。QBLでは、その基本に、以下の鍵となる要素が不可欠となります:

①Student Ownership
②Personalized Learning
③Mastery Based Learning
④Relationship

①は、生徒が自分の学習に責任を持ち、学習を主導することです。その場しのぎの、楽しい授業ではなく、生涯学習を見通した真の学習者になってもらうべく、生徒の身となるレッスンプラン、カリキュラムを立てなければいけません。それには、テクノロジーが大いに役に立ちます。また、学習内容を生徒の生活とつなげることにより、生徒がより学習に興味を示すことも言われています。

②に関しては、differentiated instructionと逆の考えです。逆と言っても、それは視点の違いです。教師目線か、学習者目線か。学習の主体は学習者です。教師がdifferentiateをして授業を行ったとしても、生徒が授業の時に必ずしも、最高の状態で学習できるわけではありません。ましてや、生徒一人一人にdifferentiateすることは不可能です。Personalized Learningは、その名の通り、生徒個人に合わせた学習方法であり、学習の主体である生徒に、学習出来るリソースやツールを提示しなければなりません。つまり、生徒が学習したい内容を、学習したい時にいつでもオンラインでアクセスできるように、デジタルリソースを管理、共有する必要があるのです。

③は、生徒が何を学習していて、どのぐらいその内容を理解し、何ができるようになったのかを確認し、証明する学習法です。ワークショップでは、津田先生に例を挙げて頂きました。その例とは、「剣道では、一つ一つの技を極めて、どんどん技を覚える。免許皆伝と同じシステム」ということでしたが、まさにそうです。学習している内容の知識・スキルを、本当に学習者がマスターしたのかを、学習者自身に認識してもらい、証明してもらいます。証明ができたら、次の学習段階に進むという、プロセスです。

④は、教師の一番大きな役割になります。いくらテクノロジーが発展しても、face-to-faceのコミュニケーションの影響は無くならず、やはり教師がその大きな役目を担います。テクノロジーを使うと、コミュニケーションが無くなるのでは?という懸念があるかもしれませんが、テクノロジーの使用により、教師と生徒間はもちろん、生徒と生徒間の話し合いが増えるようです。しかし、冷静に考えてみると、教師が指導し、生徒が一方的に学ぶという従来からの関係と、今ここで述べた教師と生徒の関係は、似て非なるものになりました。つまり、教師は生徒の学習を助け、自律学習を促すfacilitatorとして、新たな関係を構築しているのです。Dr. Milton Chenによると、schoolはlearning center、teacherはfacilitator/mentor、studentはscholarと呼ばれるようになるそうです。

Technology Integrationにより、学習がよりパーソナライズされ、学習者主導のものへと向かっているようです。この流れは一部のテクノロジーに偏った学校や学区だけで、自分には関係ないと判断していいのでしょうか。もし、この学習を自分の生徒に施すことが出来るのであれば、それは素晴らしいものになるのではないでしょうか。次回は、この考えを実行に移していきます。ご参加お待ちしております。

田中雅裕


お役立ちリンク集(MUST WATCH)
About Technology Integration
まずは、コレ!Steven Spielberg氏の教育財団、EdutopiaによるTechnology Integrationについての動画。:An Introduction to Technology Integration
これは分かりやすいですし、iPadやMac製品が欲しくなります・・・:AppleによるiPad使った学習や指導紹介ビデオ(日本語字幕付き)
まだtechnology integrationに懐疑的な方には、リサーチによる裏付けをどうぞ。:Technology Integration Research Review by Vanessa Vega

About SMAR
まずはお気軽にお勉強:SMAR in 120 seconds!
発案者のDr. Puenteduraによる説明:Technology in Education, Brief Introduction
生徒が創ったSMARの説明動画。よく出来てます!:https://www.youtube.com/watch?v=OBce25r8vto
SAMR Modelの説明サイト
SAMR Modelのもっと詳しい説明サイトBloom's Taxonomyの比較図もあります。

About Quality Blended Learning
まずはコレ!東大船守美穂准教授によるBlended LearningとMoocなどについての説明PDF
やっぱりwikipedia先生。ブレンド型学習
スライドのネタバレ必須。QBLを推奨するNPO、Silicon Schoolsのホームページ
ネタバレ必須。これを受講すればワークショップに来なくてもいい(?)Silicon SchoolsとEducational Think-tank、Clinton Kristensen Instituteによるカーン・アカデミーでのQBL講座。登録すると、勉強するごとにポイントがもらえて、モチベーションもアップ?:
https://www.khanacademy.org/partner-content/ssf-cci
そのQBL講座を日本語訳された方がいらっしゃいました!Blended Learningを実践する学習塾ipal横浜教室長、小松健司氏による翻訳ビデオ
小松健司氏によるBlended Learningの説明
カーンアカデミーのレッスン途中、Mastery Based Learningの途中に話しに出た、カンフーについての記事
Student Ownershipにもつながる、student involvementについてのサイト
Mastery Based Learningと同じ?Competent Based Learningについてのサイト

お時間あれば!
International Society of Technology in Education (ISTE イスティ)のホームページ
Adam Bellow氏が設立した、EduClipper: https://educlipper.net/main.html
Dr. Milton Chenについてウェブサイト:http://www.iftf.org/miltonchen/
Dr. Milton Chenが語る未来の教育: Grasp of the Future
小松健司氏によるテクノロジー教材の紹介
世界キャリア家族の子育て戦略。IBについての記事も。: 東洋経済オンライン

About Understanding by Design
少し古いですが、Prof. Grant Wigginsが語るUbD: What is UbD?
こちらの方が分かりやすい説明です: UbD Lecture 1 & UbD Lecture 2
UbDを用いたカリキュラムデザインマップ: Atlas Rubicon
Backward Designについて分かりやすい資料: Japan Foundation

次回、資料:
About Project Based Learning (PBL)
カリフォルニアにあるPBLを推奨する教育団体、Buck Institute of Educationによる説明:What is PBL?
PBL Process
PBL PD Guide

Problem Solving Learningの始祖Professor John Dewey