第13回NECTJ継承語研究大会プログラム

テーマ:「多言語環境における新しい言語教育と新しい子どもたち」

日時:2013年8月26日(月)午前9時〜午後6時(午前8時半レジストレーション開始)
場所:ニューヨーク日系人会館(NY JAA)
Adress: 15 W 44th Street, 11th Floor, New York, NY 10036
Phone: (212) 840-6942

Conference Report (Zakk'baran Extra September 2013)

NECTJ ZAKK'BARAN EXTRA September 2013

1. Click the image above to read the conference repot online.

2. Right click here to download the conference report.


大会プログラム

8:30 - 9:00 Registration

9:00 - 9:10 会長挨拶

9:10 - 10:30 基調講演 (津田和男:国連国際学校) 
「日本語教育における新機軸:インターナショナルバカロレアとともに―ナショナルスタンダード、21世紀スキル、IB
&AP Japaneseなどを通して―」


10:30 – 12:00 
「アメリカの学校 インターナショナル」(大山全代:国連国際学校)


「日本語教育に使える多様なアプリ」  (田中雅裕:同)


「CLILを使った実践案」        (桝谷麻美:同) 


12: 00−1: 00(昼食・ネットワークング)

実践報告

1:00 – 1:30
「ワシントン継承日本語センター10年の記録—個の支援を目指すカリキュラムの実践」
(小泉蓉子:ワシントン継承日本語センター)


1:30 – 1:55
「聞く・話すから感動の共有へ—日本語環境の外で育つ幼児のための読み聞かせ」
(本田富美子:プリンストンお話し会)


1:55 - 2:00 コーヒーブレイク

2:00 – 2:55
「ブルックリン日本語学園の実践—マルチエイジ・マルチレベルで学び合う授業計画と教材開発」
(ガルシア奈津子・大橋亜由美・山崎由理:ブルックリン日本語学園)

ブルックリン日本語学園の発表スライドの続きは、下記のリンクからダウンロードできます。

ブルックリン学園スライド2

ブルックリン学園スライド3

2:55 - 3:00 コーヒーブレイク

3:00 -3:25
「補習校JFL低学年クラスにおける授業の工夫」
  (加藤真紀子: プリンストン日本語学校)


3:25 – 3:50
「国語教科書を使用した継承語低学年の指導書作成—プロジェクト学習を中心に」
(安東智子:プリンストン日本語学校)

どうぶつ園のじゅういテンプレート案


3:50 – 4:00 コーヒー・ブレイク

4:00 - 4:25
「村上春樹の新作を素材にした継承語大学生のための授業案—『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』—」
(大沼敦子:コロンビア大学修士課程)


4:25 - 4:55
「継承日本語教育の現状と今後の課題—文科省政策の新しい展開を踏まえてー」
(カルダー淑子:MHB研究会海外継承日本語部会)


5:00 - 5:55 ディスカッション(全員)

6:30 - 懇親会 (44 丁目の「梓」にて)
(Azusa : 3 E 44th St. between 5th Ave and Madison Ave)